地域保健師の必要性

保健師の割合について知ると、地域保健師の必要性について理解できる

地域保健師または行政保健師は都道府県や市区町村の行政機関で活躍している保健師の事を指しますが、全体的に見て、保健師の2/3がこの地域保健師として働いています。つまり、地域保健師は産業保健師よりも需要が高く、必要性があるという事が理解できると思います。保健師になりたいと考えている方は、どの保健師として活躍するかについても考慮しておくと良いでしょう。

京都で地域保健師の需要が高いエリアについて確認しておこう

地域保健師は高齢者が多い地域や、保健センター、役所がある地域等を中心に需要が高いと言えるでしょう。高齢化社会のためどのエリアも高齢者支援や高齢者向けサービスなどが必要になっているので、比較的見つけやすい職種になるかもしれません。ただ、非常に人気の高い案件になるため、すぐに応募が締め切られたり、一般には公開されないというケースもあるので、上手く看護師の転職サイトを利用する事をお勧めします。

地域保健師の中の保健所保健師のニーズも高まりつつある

地域保健師には市区町村で働く市町村保健師と保健所保健師という2種類があります。最近は保健所保健師のニーズも高まっており、保健師への転職の幅が広がっていると言えるでしょう。保健所保健師は、障害者や難病を患っている患者などを対象として保健サービスを行ったり、インフルエンザなどに対して危機管理を行うというのが業務になりますが、様々な感染症が出ている今の時代、保健所保健師が活躍できる環境が増えているのです。